教材を購入して学ぼう

>

わざわざ塾に行かない方法

この記事をシェアする

楽しく学べる教材が良い

重要なのは、子供にとって楽しいかどうかです。
使っていて楽しい教材であれば、子供は毎日プログラミングを続けられるでしょう。
そのため、実際に自分でゲームを作りながら学習していくような教材がおすすめです。
また、わかりやすい説明をしてくれることも条件に入れましょう。
小学校低学年の頃は、難しい漢字を読めません。

その場合は漢字にふりがなを付けてくれたり、全文をひらがなに切り替えたりできる教材だと助かります。
今はプログラミングが重要視されているので、様々な教材が販売されています。
適当に選ぶと子供が内容を理解できず、無駄になってしまうので気を付けてください。
親が勝手に選ぶのではなく、子供と一緒に決めると良いですね。

年齢を考慮しよう

よく教材を調べると、適正年齢が書かれていることに気づきます。
大体そのぐらいの年齢の子供から内容を理解できるという目安なので、教材を選択する際の参考にしてください。
子供の実年齢より高い適正年齢の教材を渡しても、勉強になりません。
スムーズに知識を吸収するためには、ふさわしい年齢の教材を渡しましょう。

全くプログラミングをしたことがない子供は、初心者用の教材がおすすめです。
するとパソコンの基本的な使い方や、文字の入力方法などから学べます。
プログラミングはパソコンを使って行うものなので、パソコンの使い方がわかっていないとできません。
ある程度の知識を覚えて、初心者向けの教材でやることがなくなったら上級者向けの教材に挑戦させましょう。